病院でのAGA治療とは?

病院でのAGA治療が一般的になった昨今ですが、

とは言え、「興味はあるけど一歩が踏み出せない…」なんて人も多いようです。

そんな方のために、AGA治療では具体的にどのような治療が行われるのか?

簡単に解説してみたいと思います。

AGA治療の基本や薬品による治療です。

具体的には、フィナステリドとミノキシジル、

この二つの薬を用いることでAGAの改善を試みます。

フィナステリドとミノキシジル、

どちらも元々はAGA治療薬でありませんでしたが、

現在ではAGAに大きな効果が期待できる薬として、

今やAGA治療では無くてはならない存在となっています。

フィナステリド、商品名プロペシアはAGAの原因となる男性ホルモン

「ジヒドロテストステロン」が生成されるのを阻害する働きがあり、

AGAの進行を抑制する効果があります。

ミノキシジルには頭皮の血行を改善する働きがあり、

髪の毛と毛根に適切に栄養が行き渡るようになり、

発毛を促進する効果があります。

では、AGA治療を実際に受けるにはどうすればよいのか?

最も簡単な方法は近所の皮膚科に相談してみることでしょう。

近所のAGA治療を行っている病院を探す際は、

製薬会社MSDのホームページ「AGA-news」で簡単に検索できます。

また、より高い治療効果を望むのであれば、

AGA治療を専門で行っているクリニックを利用する手もあります。

費用に関しては多少割高になるものの、

専門クリニックならではのキメの細かい治療が受けられるので、

AGA治療の効果もより実感しやすいはずです。