自己流治療か?それとも病院での治療か?

AGAの治療は病院で行うことができます。

しかし、ここで勘違いしてほしくないことが一つ。

AGAは病院で治療できますが、治療には保険が適用されません。

風邪をひいて病院に行ったら、治療には保険が適用されます。

でも、薄毛になって病院に行っても、治療には保険が適用されません。

その理由は単純で、風邪は命にかかわる症状ですが、

薄毛は決して命に関わる症状ではありません…。

命に関わらない症状の治療に貴重な保険料が支払われるわけがありません!

それ故、ATGの治療にはかなりの費用がかかります。

ある意味、この費用こそAGA治療を受けるための最大のネックかもしれません。

でも、よくよく計算してみると、

自分で薬局で薬を買って行う自己流のAGA治療も、

病院で薬を処方して行う病院のAGA治療も、

その費用自体はそれほど大きな差はないはずです。

自己流治療の多少の安さを優先するか…、

それとも、多少高くても病院治療の安心・安全性を優先するか…、

その考え方は人それぞれだと思います。

事実、費用を再優先してジェネリックのAGA治療薬を自己流で利用している人も多いようです。

安いことは確かに良いことだと思いますが…、AGA治療薬は副作用もありますし、

しかもジェネリックとなると効果に不安が残る物も決して少なくありません。

また、なにか問題が起きても基本的には自己責任になってしまいます。

そういった意味では、どうせAGAの治療をするのであれば、

病院で安心・安全な形で行ったほうが良いと私個人は思うのですが…。

皆さんの考えは如何でしょうか?